Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラペブログ ~職種経歴編④「ゲスの極み」~

はい、みなさんおはこんばんにちわ。

はんちょーです。

ブログ確変が止まりした。
ようやく単発でこの連チャンは一度終了です。

一握りの読者様
「おい!おい、はんちょーよ!何故に更新が遅いのか!?」

というものの、基本的にブログを書くのは昼休みか、
移動中にしています。

なので、ブログが更新されない=昼休みがないんだなぁ~か
移動がないんだなぁ~か、おにぎり食べたいんだなぁ~(きよし)という状況です。

なもんで、日刊作家気取ってみたものの、ちょいちょいの更新になると思います。

さて、それではセカンドキャラである「サマナー」について書いていきたいと思います。

前回、奥義発動により剥ぎ取りチャンスで、ゲットワイルドした赤ピクを
持ったはんちょーは調子にのっていました。

はんちょー
「さぁて、赤ピクをゲットした俺にもう怖いものなんてねぇ。」
「ぶいぶい言わせていくか。」
「なんたってペット2匹出せるんだもんな、強いよなそれは・・」
「よし、とりあえずレベル上げだ!」

鼻息を荒げ興奮する気持ちを抑えて月光へと早歩きで向かいます。

当時は(今も?)強力なペットが1匹いれば、レベル上げはそう難しくありませんでした。
今は、ペットと本体のレベル差があると経験値のうまみが減るのかな?
違うのかな?何かそんなの見た気がします。(夢かもしれません)

ファーストキャラで育てたオークがここで最大限に力を発揮します。

片っ端からタコ殴りです。
レベル差を最大限に利用し、片っ端からしばいていきます。

オーク(心の声)
「きたきたきたー!俺の時代!!」
「見ろ!まるでMOBがゴミのようだ!」

ムスカのようなコメントを吐き捨て、ご主人様であるはんちょーのレベル上げに貢献します。

サクサクと(毎日7時間くらいやってた)レベルが上がりあっという間に、レベル90くらいに。
黄門様ばりの勢いでパルミルへ乗り込みます。

オーク
「ひかえろおおおおぉぉーーーおおお」
「ひかえろおおおおおおおおおおーー」

赤ピク
「こちらをどなたとこころえるううううぅぅぅぅ~~」

誰もいないパルミルに響き渡ります。

はんちょー
「さ~て、レベル120までサクサクいっちゃうぜ。」

10分後・・・・・・・・

オーク
「ぐはぁっ」

さらに10分後・・・・・・・・

赤ピク
「あべしっ」

そして30分後・・・・・・・・

はんちょー
「パルミルPTありませんか!!」

そうです、レベル差をいい事にブイブイ言わせてきましたが、
外バフのない状態での狩りは水晶までが限界だったのです・・・・・。

ラペマニアの方々
「そんな訳ねぇ!青出しゃーパルだろうと、雪原だろうといけるはずだぜ!?」

はんちょー
「え・・・青っすか・・・?マジっすか・・・・?」

当時の私は若かった・・・・実に若い・・そう・・・。
まるで、刑事物語の武田鉄矢のように・・・・・・・。

何とスーパー赤ピクダブル召喚バズーカDXを夢みていたはんちょーは
赤以外見えていなかったのです。

はんちょー
「ああ・・・何と愚かな・・・レベル差だけでやっていけると思っていたあの日々・・・」
「もう戻らない、あの懐かしき日々・・・・」
「おお!なんと罪深い行いを・・・」
「神よ!!もしこの世に神が存在するのであれば我を救いたまえ・・・・」

総長
「青あげるわ」

はんちょー
「あざーす」

なんと、意外と近くに神がいたのです。
もはや、野比・のび化したはんちょーには総長はドラえもんにしか見えませんでした。

それからというもの、青を手に入れたはんちょーの勢いは止まりませんでした。
あっという間にレベル120に。パルミルを卒業し、そのままの勢いで雪原へ。
(※当時、エルカシDはまだできてなかったのです。)

そして、そのまま一気にターヘルへと突き進んでいったのでした。

はんちょー
「BSも極めたか・・・これは・・・・」
「ふーむ・・・・やっぱつおいな2匹ペットが出せると」
「しかし、ペット2匹だと金がかかってしょうがねぇや」
「・・・・・ん?まてよ・・・・・総長が確かBSは金になるって・・・・」
「・・・・・よし・・・聞いてみるか・・・・」

ピッポッパ・・・トゥルルルー・・・・ガチャ。

「もすもす・・・・」

総長
「おおーどうした?」

はんちょー
「あのー、ちょっとつかぬ事をお聞きしますが・・・・」
「BSはお金貯まるって言ってたよね・・・・?」

総長
「うむ」

はんちょー
「それはどういった・・・・・方法で・・・・」

越後屋
「ふふふ・・・・売るのですよ・・・・」

悪代官
「売るとは!?」

越後屋
「育てたペットを売る。そしてレベルの低いペットを買う。そして育てて売る。」
「金のなる木ですよ・・・・」

悪代官
「おぬしも悪よのぉ・・・・・」

ガチャリ。ツーツー・・・・

完全なる金儲けのシステムを考案したゲスな総長の一言で目から鱗が。

はんちょー
「いやー、しかし苦楽を共にした愛着あるペットを売るなんて、何て総長もゲスだな~」
「しかし、金のためだ!しょうがない・・・・・」

と総長からもらったペットを片っ端から売り捌くゲスなはんちょーでした・・・・。


おしまい


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

浴衣班長

Author:浴衣班長
rappelzというゲームを盛り上げようと
立ち上がった一人の男・・・・が、
別のゲームを初めてしまい、何故かイカロスオンライン
の記事を書いている物語・・・・・・。

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
30242位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
PCゲーム
4315位
アクセスランキングを見る>>

ご来場者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。